ほとんどが治る | バイアグラで治す【ED治して快適な性生活】

バイアグラで治す【ED治して快適な性生活】

ほとんどが治る

勃起が維持されない、「中折れ」してしまうという原因は、バイアグラが発明されるまではよくわかっていませんでした。年を取ってくると自然と性欲も減退し、精力も自然と落ちてきてしまうものなので、大抵の場合加齢が原因とされていました。
体力が無くなると勃起不全も起こりやすくなってしまう傾向にあったので、精力を付けるために滋養強壮に良い食物であるすっぽんやにんにくを食することが、勃起不全の対策でもあった。
しかし、バイアグラの成分であるシルデナフィルが発見されたことで、勃起を阻害する酵素が体内で働いていることが、EDの原因であることがわかった。
このため、性欲を感じているにも関わらずEDになってしまっている人に対しては、ほとんどの場合治療が可能になったのである。

バイアグラは飲み合わせが良く、ED治療薬の中でも持病がある人が最も服用できる薬となっている。病気を抱えている人は機能的な問題で、EDになってしまうこともあるが、バイアグラやその他の薬を使うことで、治療が可能である。
また、プレッシャーが原因の、心因性EDもある。心因性のEDであれば、なるべく性生活に対するプレッシャーを与えないような試みが施される。
ED治療薬は性欲を感じている人でなければ効果がないが、この心因性EDの場合、性欲は感じることがあるがストレスによって減退してしまうということがある。
バイアグラを使いながら心理療法をすれば、自然と一歩踏み出す効果が得られることであろう。
また、心因性と機能性の両方に原因がある場合は、その都度複雑な治療方法となるが、バイアグラなどと組み合わせて治療できる。